シニアの方のスマホ決済が浸透してきました

新型コロナ感染における連日の陽性者数と重症者数、死亡者数の報道に心が痛みます。お亡くなりになられた方々のご冥福を心よりお祈りいたします。

一方で、コロナ禍の影響でこれまでスマホ決済に踏み切れなかったシニアの方々の利用が増えているようです。生徒さんの中にも、必要以外はスマホを使いませんとおっしゃっていた方も、先日PayPay決済をされました。
また、薬局店舗内で、ポイント付与と支払いをスマホで済ませている光景を目にするようにもなりました。

シニアの方のキャッシュレスが進まない原因は、自分の操作ミスにより不正なアクセスを受け、銀行口座から多額のお金が引き出されてしまうのではないかという恐怖です。

そこで出来るだけリスクを回避するために、例えばPayPayチャージの場合、お勧めなのが、セブンイレブン店舗内のセブン銀行から必要な金額だけをチャージするという方法です。皆様も是非試してみてください!

キャッシュレス

MOS Word 2016 Specialist 合格おめでとうございます!

コロナ禍の中、皆様不自由な毎日をお過ごしのことと思います。
このような状況下では、皆様の過ごし方もこれまでとは大きく変化しているのではないでしょうか?

このような中、着々とMOS試験に向け勉強を重ねていた生徒さんが、12月19日に受験され、見事合格いたしました。本当におめでとうございます!

次はPowerPointに挑戦!と前向きな姿勢に『あっぱれ!!』です。

パソコン工房ログインの生徒さんがMOS検定試験に合格した写真
MOS検定合格しました

Zoom会議がシニア世代まで浸透しています

コロナウイルスの終息の見通しが未だみえておらず、自粛が続いております。
なかでも、80歳以上のシニアの方々は本当に我慢強く、不要不急の外出を控えていらっしゃるというお声を聞きます。

このような状況の中で、コーラスや合奏の教室やサークル、英会話教室などの皆様がZoomを使って活動を再開しております。シニアの方も新しくパソコンやタブレットを購入し、Zoomで皆と活動できるよう、頑張ってマスターしていらっしゃいます。
これまでパソコンやタブレットは必要ないと考えていた方々も、この状況下では、それらが必要となっていることを感じています。頑張って欲しいですね。

オンライン会議
Zoomで会話

今更ですがテザリング

テザリングと言ってわかる方は多いと思いますが、シニア世代にはまだまだ浸透していません。当教室の70代の方は、家に居ると営業電話ばかりなので、固定電話をやめました。そこでパソコンでインターネットをする方法として、スマホのテザリングをやり始めたのです。もう慣れたものでした。しかし最近スマホが古くなり、お孫さんのスマホを譲り受けたので、新たにテザリングの設定をすることになり四苦八苦です。メーカーが違うと、言葉の違いや、多少の操作の違いがあるので、シニアにはハードルが高いです。一度設定しても、ある時はネットに繋がらないこともあり、そんな時の対処法がシニアには面倒ですし分かりません💦 この辺各社で統一して頂きたいです。あとは、WindowsもMacのようにBluetooth接続が簡単に出来たら嬉しいのですが。WindowsのBluetooth接続設定はちょっと面倒ですよね💦 シニアには厳しいかと…。でも Wi-Fi接続は頑張ってマスターしてくださいました! 嬉しい❗️

スマホインターネット接続
スマホ操作

封筒やはがきの宛名印刷が簡単にできるサイト

毎日猛暑日が続いております。本日までお盆休みという方も多いと思いますが皆様体調など崩されていませんか? お気をつけください。

さて、今日は封筒やはがき宛名印刷が簡単に出来るサイトのご紹介です。

その名も『SHUNBIN-俊便』。誰でも簡単に出来ますよ! 一つ注意が必要なのは、印刷ボタンを押したあと、プリンターの用紙設定を印刷する封筒やはがきに合わせて正確に設定してくださいね。その点だけ注意すればあっという間に宛名印刷が出来上がりますよ(^^♪

SHUNBIN-俊便

シニア世代もZoom授業が必要に

コロナウイルスの感染が収束を見ぬまま、特にシニア世代は外出自粛が続いていますね。
誰しも緊急事態宣言解除とともに「やっと外出できる」と思ったことでしょう。
例えば、英会話教室、音楽教室、ヨガ教室など、一旦はZoomでのレッスンから実教室レッスンへと移行したようですが、最近の感染者数の増加から、再びZoomレッスンに切り替えられております。そこで、Zoomレッスンはお休みされていたシニア世代の方も、いよいよ挑戦しないと何も出来なくなってしまいそうですね。

Zoomを行う上で注意したいのが、パソコンにカメラやマイク機能がついているか否かということです。最近のノートパソコンの場合は殆どが内臓されておりますが、古いノートパソコンや、デスクトップ型のパソコンには内臓されていない場合があります。内臓されていたとしても、マイクが近くの音を拾ってしまったり、音質が悪かったりと中々難しい点もありますね。
そこで、ヘッドセットをパソコンに装着することをお勧めします。色々なタイプがありますが、安価なものだとノイズを拾ってしまうようです。おすすめのヘッドセットゼンハイザー (Sennheiser) PCヘッドセットです。大変人気の商品でノイズ除去機能がついているのでこちらの声が相手にはっきりと伝わりますよ!

ヘッドセットを付けてZoomでレッスン
ヘッドセットを付けた会話

P検(ICTプロフィシエンシー検定試験)とは?

皆様P検という言葉は何となく耳にした方も多いと思いますが、この名称は「ICTプロフィシエンシ―検定試験」と名称を変更しています。 ICTとは、Information and Communication Technologyの略。 これが長くて覚えられないので💦、今でも「P検」と言ってしまいます。

現在当教室にP検3級を目指して頑張っている生徒さんのうち、9月~10月に受験をされる方が1名、MOS検定を受験される方が1名いらっしゃいます。しかもどちらもシニアの方。受験の動機は「何か目的を持って頑張ることは生きて行く上での励みになるし、私が頑張っていると友だちも頑張ってくれて、お互いまだまだこれから…、という気持ちになる」、「職場で簡単なパソコンやセキュリティの知識テストがあるので」とのことでした。

P検は5級から準2級を含む1級までの6段階に分かれています。
今回は生徒さんが受験するP検3級は、合格するとどれ位の社会的評価が得られるのかを P検サイトの「P検人物像と職務マップ」で調べてみました。

●3級合格者の人物像
入社時に要求されるICT活用スキルを有する人材。基本的なICT活用による職務の遂行と問題解決が、人を頼らずにできる。基本的なICT知識・スキルを有する

3級に合格すると就職に際して基本的な ICT活用スキルを有する人物と判断され、当然有利だということが言えますね。皆様も是非挑戦してみませんか? ご興味のある方は是非 無料相談予約 を「受講予約」よりお気軽にご予約ください。コロナ感染防止対策を徹底してお待ちしております。

パソコン工房ログインの教室風景
教室風景


接触確認アプリ「COCOA」に不具合情報

以前も接触確認アプリに不具合が発生との情報が有ったと思いますが、8月6日にも 不具合が起きているという指摘が複数寄せられたそうです。
「COCOA」では、1メートル以内に15分以上いた利用者どうしのデータが記録され感染が判明した利用者が保健所から発行された処理番号を入力すると相手に通知するという仕組みです。
厚生労働省によりますと、先週以降、通知が届いた人から、「アプリを開くと『接触は確認されませんでした』と表示された」という連絡が複数寄せられたということです。

私はアプリインスト―ル後、毎日確認しても「陽性者との接触は確認されませんでした」と出ています。一応安心しているのですが…。
早めに正しく修正されることを希望します💦

接触確認アプリ「COCOA」
接触確認アプリ

接触確認アプリインストールしてみました

皆さんはもう接触確認アプリをインストールしましたか?

インストール方法は、App Store(iPhone)、またはGoogle Play(Android)で、「接触確認アプリ」と入力して検索をかけると出てきます。「Cocoa」で検索をかけてしまうと、別のアプリが出ますので注意してくださいね。

このアプリは最初の公開日から1カ月間は、試行版(プレビュー版)とのことです。

接触確認アプリインストールしてみました

皆さんはもう接触確認アプリをインストールしましたか?

インストール方法は、App Store(iPhone)、またはGoogle Play(Android)で、「接触確認アプリ」と入力して検索をかけると出てきます。「Cocoa」で検索をかけてしまうと、別のアプリが出ますので注意してくださいね。

このアプリは最初の公開日から1カ月間は、試行版(プレビュー版)とのことです。